FXとはどういう物か

NO IMAGE

FXとは、日本語でいうと「外国為替証拠金取引」となります。

では、外国為替とは何かというと、異なる通貨を売り買いすることです。
自国の通貨(日本であれば円)と外貨(米ドルやユーロなど)の売り買い、外貨同士の売り買いのことですが、厳密にいうと通貨そのものを直接やり取りすることはなく、為替手形や送金小切手などの信用手段を使って決済を行います。

「海外との取引で生じた売上が外貨で支払われた場合」や、企業が購入代金を外貨で支払う際に外貨を自国通貨に交換、もしくは自国通貨を外貨に交換することが、外国為替の代表的な例です。

ただし、広義の意味においては、アメリカの通貨である米ドルで物を購入したりサービスを受ける必要がある地域に行く際に、空港などにある外貨両替サービスを用いて円を米ドルに交換することも、外国為替といえます。
つまり、常に世界各地で、外国為替は行われているのです。

そして、外国為替の世界においては、交換する二つの通貨の組み合わせを「通貨ペア」と呼んでいます。
これは、二つの通貨を連続して表記することで表します。
例えば、米ドルと円なら「米ドル/円」、ユーロと円なら「ユーロ/円」、ユーロと米ドルなら「ユーロ/米ドル」という感じです。
世界にある国の大半は自国通貨を持っているので、外国為替の世界においては、ものすごい数の通貨ペアがあることになります。

そして、異なる通貨を交換する際の比率が、「為替レート」と呼ばれる物です。
例えば、米ドル/円のレートが1米ドル=100円であれば、1米ドルを100円に、100円を1米ドルに変えられるということです。

この為替レートですが、これは毎日いろいろな要因で変動します。
FXは、変動する為替レートを使い、「安い時に買って高くなったら売る」または「高い時に売って安くなったら買い戻す」ということをして、収益を狙っていくわけです。

むろん、安い時に買ったつもりがさらに安くなったり、高い時に買ったつもりがさらに高くなることもありますから、常にうまくいくという物ではありません。

FXにおいては、買った時と売った時の為替レートの差を、利益もしくは損失としてやり取りを行います。
外貨預金などのように、いちいち円を米ドルなどの外貨に交換したり、外貨同士を交換するといった手間は発生しません。

また、FXの正式な名称である「外国為替証拠金取引」という言葉からも分かるように、証拠金を使うことで、最大で実際の資金の25倍もの額の取引を行うことができます。
この資金効率の高さも、FXの魅力の一つといえます。

FXをするのであれば、ある程度の知識は必要

ネット副業の中で知らているジャンルの一つに資産運用とか投資ビジネスとかもあったりしますが、FXを使った投資ビジネスも多くの方がやっていたりするため、知識として覚えておくと良いです。

そもそもFXは外国為替証拠金取引というものであり、外国の銘柄に投資を行い資産運用をしていく方法となっていて、専門的な知識とかもある程度ですが必要となってくるため、難易度としては中ぐらいとなっているので、始める前に専門本とか参考書とかを見つつ、仮想空間の中でFXのシミュレーションとかをできるサービスを利用しながら実績を積み、自信がついたら実際のFXに手を出すといった形でやっていくと良いです。

FXこと外国為替証拠金取引は国内の株式投資などに比べると投資額が少なくて済むため、はじめやすいのは確かでありますが、リスクも少なからず出てくるため、慎重にやっていくのがおすすめであります。また、FXをはじめる時はネットバンキング機能がついた銀行口座も必要となり、FXの機能にも対応しているものが必要であるため、ここは重要なポイントになります。

株式投資とかFX及び仮想通貨などの資産運用に対応しているネットバンキング機能がついた銀行口座は複数あったりしますが、利用するのであれば名が知られているところのほうがサービスもしっかりとしていて、機能面もいいので安心できる部分は大いにあります。

FXは専門用語とかもあるため一つ一つのことを理解しておく必要もあり、売買するタイミングとか運用する期間及び投資額とかも計画的にやっていかないといけないので、実は奥が深い投資ビジネスであったりします。

外国為替は日によってレートが大幅に変わることもあれば、一気に下落することもあったりするため、チャートとかもしっかりと見ながら運用していかないといけないのであります。日本の株式投資とかと似ている部分がありますが、FXならではの流れもあったりします。

FXをはじめた場合は海外とかのニュースや情勢を見つつ、運用していくのが大事となっていて、些細な出来事とかトラブルなどから為替が一気に変動することもあるため、大損をすることもまれにあったりします。景気がよくなれば+の利益がかなりはいってくることもありますが、海外の情勢によって大きく変わることもあるので気をつけておきたいところであります。

投資をしている銘柄を売買するタイミングも自分なりに見極めておかないといけないため、FXは難易度が中となっているのです。

何故海外FX事業者はキャンペーンを強化するのか?

海外FX事業者と日本でFX事業を行っている事業者とでは、新規層の取り込みにおいてキャンペーンをたくさん打ち出しているかとそうではないかがありますが、実は海外のFX事業者はキャンペーンを強化して展開せざるを得ない状況下にあります。

その理由ですが、一つは副業として捉えた場合、FXの事業所が多いのは海外事業者であるため、新規の顧客を獲得する手法がキャンペーン頼みであるためです。

その為、海外のFX事業者の評価については口コミでは詐欺だなどの他被害を被ったという意見がありますが、この問題についてもたくさんの事業者があるが故、利益が分散し尽してしまっていると考えられます。

海外事業者は、利益が分散してしまった場合においては、日本の事業者と異なり、一つの取引所に人が集まっているわけではなく、色々な所でFX取引を行っているため、安定して収益に繋がらないというわけです。

これを収益の分散と呼び、キャンペーンを打ち出すFX事業者はキャンペーン中は人が集まりますが、実際にFX事業にて為替交換を行っているかどうかについては未知数でキャンペーン自体も実は段々と利点が失われている状況下にあるのです。

何故なら、このキャンペーンは多くは資金を海外FX事業者側が一定数プレゼントすると言う物ですが、この資金を即座に換金することは出来ず、貰った資金の倍額を利益として得られない限り現金化することが出来ない為条件が付属しているのです。

ですが、海外FX事業者にも利点はあり、一つは取引で生じる手数料が抑えられており、現金化する際に発生する手数料も低く抑えることが出来るという点です。

他にも、参加者が多いFX事業者においては、通貨の流動性が高いが故儲かる人物と損をする人物の両者が発生しやすいことです。

逆に流動性が少なくなっている日本のFX事業者においては徐々に利益を得るや徐々に損をすると言う形で大きく利益を得ることは難しいが故海外のFX事業者のほうが大きく利益を追求するとなると利点があるのです。

しかも、海外FX事業者では、ゼロカットと言う手法を取り入れていて、取引でマイナスを得た場合取引を強制的に取りやめ、資産をゼロとする事で対応するなど大きく借金をするようなことが無いような制度を取り入れています。

FX事業において取引を維持できなくなることで大きな借金を背負うという問題を解決しているため、大きく借金を作らないことに関してはお勧めできる事業者であると言えます。