LPガス訪問勧誘があった際には内容を十分に確認の上での検討を

NO IMAGE

LPガスの訪問勧誘を受けた際に営業マンの話に関心を持ったとしても、契約を締結する前に確認することがあります。

消費者が販売店と結ぶLPガスの契約について、特商法という法律の改正により勧誘が規制され、これまで以上に消費者が保護されるようになったためです。旧訪問販売法であり現在は特商法となっている法律では、これまでだと指定された商品のみ規制対象でしたが、平成21年に原則全商品に適用となり、LPガスの訪問販売についても対象となり、保護されるようになりました。

勧誘に先立ち次のことが明らかにされるため、相手がどこの誰であるかを先に知ることができるのは幾分安心できる点です。事業者名や商品に、訪問は勧誘が目的であることなど、簡単ではありますが説明があります。
うちでの契約なら安心ですと言われても、うちってどちら様のことかと疑問ですが、そんな心配もする必要はありません。

事実ではないことを伝えたり、重要事項を伝えないことが禁止されます。重要事項とは、販売価格や代金支払い時期、支払い方法などです。迷惑行為となるしつこい勧誘はなくなりますので、契約をしないと返事をすれば、その後の勧誘は禁止されます。今はいらないといっても、そういわずに買ってくださいといった、負のループに陥ることもありません。

契約した場合の救済についても、特商法により守られるのが消費者です。一定期間は、たとえいったん契約をしたとしても解約はできます。
一定期間、訪問販売の場合であれば、法律で定められた書面を受け取った語8日間なら、解約することのできるクーリング・オフ制度があるためです。

また受けた説明と事実が違えば、契約を取り消すことができます。クーリング・オフ期間が過ぎても、説明と事実が異なることに気が付いたなら、6ヵ月間は契約を取り消しすることが可能です。この場合、説明のどこに間違いがあったのかをきちんと説明する必要があります。相手に丸め込まれないためにも、契約時の資料やメモは大切に保管をしておくことです。

普段ガスを家庭で使うにあたり意識することが無いのも法律、特商法は訪問販売をはじめ通信販売など、消費者がトラブルに巻き込まれやすい取引を対象に、事業者が守らなければならないルールと、一定の機関消費者が解約できるクーリング・オフ制度などの、消費者を守るルールを定めています。
これにより、事業者による違法及び悪質な勧誘行為を防止するなど適切な取引を推進し、消費者の利益を守るための法律です。