定期購入を導入する際には特商法の確認を

NO IMAGE

副業としても人気となっているネットショップ運営ですが、どれだけ収入を得ることができるかは、売上次第です。開業直後はコンスタントに商品が売れる状態が続いても、時間が経てばなかなか商品が売れず、思うように収入を得られない状態となってしまうこともあります。
折角ネットショップ運営をするのであれば、毎月しっかりとした収入を期待したいという場合は、定期購入カートの利用を検討してみると良いでしょう。ただ、定期購入を利用するためには、特商法に関する勉強をしておくことが大切です。

定期購入は、契約をしている人に対し一月に一度など定期的に商品を届けるサービスです。サービスを提供する側は、毎月一定の収入を期待することができます。

さらに、定期購入を利用して商品を購入する側は、毎月購入手続きをしなくても定期的に商品を届けて貰えるというメリットが生まれます。サプリメントや化粧品などの消耗品を販売する場合は、定期購入カートの活用を考えておくと良いでしょう。

販売する側にも購入する側にもメリットのある定期購入ですが、やり方によってはトラブルの原因となってしまうこともあるものです。
そんな定期購入によるトラブルを防ぐために、行われているのが特商法の改正です。特商法というのは、一度目を通しておけばそれで良いというものではありません。
必要に応じて改正が行われるため、ネットショップの運営法に関する改正があった場合は、しっかりと読んでおくことが大切です。

定期購入に関しては、初回はワンコインなど安く購入できることを大きく宣伝し、その下に小さな文字で利用をすると自動的に定期購入になる旨を書くなどの手段が大きな問題になっています。
さらに、一定回数の購入が終わるまで解約ができないなどの形も、トラブルの原因となりやすいものです。消費者をこうしたトラブルから守るために、特商法の改正が進んでいます。

特商法違反にならないようにするためには、定期購入という形を取らない方が良いのではないかと考える人もいるでしょう。しかし、定期的に商品を届ける販売方法自体に問題がある訳ではありません。
定期購入であることをしっかり明記し、購入回数などに関する縛りをつけなければ、定期購入という手法を使ってもトラブルになる心配はないでしょう。
ただ、特商法は時代によって変わることがあるものです。特商法違反にならない形で営業をしたいのであれば、定期的に改正に関する情報などを確認しておく方が良いでしょう。